家計簿 続かない

家計簿が続かない人には共通点があった!

家計簿を付ける目的は、収支を把握したい、突出した支出を知って抑えたい、など様々ですが、続けられないと意味がないですよね。

 

過去に家計簿をつけていた(今はつけていない)という人のアンケート結果からわかる共通点を見出して、自分はそうならないようにしましょう。

家計簿は元々家にある物で十分?

普通の横書きのノートです。1ヶ月毎に各項目を作り、縦線で仕切って詳細を記入していました。月締めには、収支を書き出し色分けをして分かりやすくします。1円単位での家計簿ではなく大まかな家計簿ですが、いつどんな支出があったかはすぐに分かります。

 

市販の物を買おうと記入内容を見たら自分には必要のない項目がありました。だから、わざわざ家計簿を買ってお金を使うより、自分が使いやすいようにノートに書いた方がいいなと思いました。

 

悪い点は、1円単位で管理していない所です。収支だけが分かるように付け始めた家計簿なので、金額の照らし合わせはしていません。良い点は、自分に必要な記載項目が作れる事です。市販の物では不要な項目があったり、必要な項目が無い場合があります。それから、1円単位で管理していないので長く続ける事ができます。収支は色分けをしているので見やすく、後から見直しがし易いです。市販の家計簿を買ってないので、節約にもなります。ノートは、元々家にある物で十分です。

家計簿は「だいたい把握できればいいや」という考え

100円程度の普通のノートを買ってきて、自分の使いやすいようにT字線を引いた後、1日1ページとして、収入(給与)と支出(固定費と変動費)、レシートを貼る部分に分けて手書きで記入しています。右が収入、左が支出、下がレシートを貼る部分にしています。

 

以前は市販の家計簿を使っていましたが、家計簿代の節約、なにより自分の使いやすいように使える自作ノートが一番いいと気がつきました。

 

自分のお金の流れがよく理解できました。またつけることによって、食費や交際費、被服費を予定より使いすぎた時など、はっきりと分かったので良かったです。
また、自分の行動を振り返るきっかけにもなり、購入する時、「あ、今月は予算オーバーだな」という考えが出るようになりました。

 

また、大体毎月出る固定費を把握することで貯金もしやすくなりました。
習慣がついたら、記録を手書きでつけるのが面倒になって、今はしてなく、大体の金額で把握しています。

 

次やるならエクセルでやろうと思っています。スマフォアプリは使った事がありますが操作性が悪く、止めました。

家計簿は傾向がつかめて意識改革ができればゴール?

使い古しの大学ノートに定規で罫線をひいて、見開きで1週間分書けるようにしました。横罫に月曜日から日曜日までの日付、縦罫に大雑把な費目の欄を設けてその枠の中に、○○代××円として一日ごとの支出の合計と1週間ごとの費目の合計と支出の合計を書くようにしていました。

 

書店などで売っている家計簿をわざわざ購入するのはもったいないと思いましたし、家計が赤字で困っているわけでもなかったので、1円で無駄をなくすためというより、いったい何にどれくらいお金を使っているのかという支出の傾向をつかむためにつけていたので、簡単にお金をかけずに手作りしていました。

 

とぎれとぎれになりながらも、1年くらいつけていましたが、うちの場合は食費と交際費が圧倒的に多いなという傾向がつかめましたので、食費については買い物に行く回数をへらして干物や缶詰などのストックを有効活用して出費を抑えようという意識改革につながりました。交際費はなかなか減らせなかったのですが、家族の誰がどれくらい使っているかが把握できたので、一応の成果が得られました。

 

当初の支出の傾向がつかめましたので、家計簿はそれきりつけなくなりましたが家計は順調です。家計簿をまじめにつけていらっしゃる方には敬服しますが、始められないと感じている方も手作りの簡単なもので短い時間つけてみることをおすすめします。短い期間でもそのご家庭での支出の傾向が見えてくると思います。

レシートをノートに貼る家計簿

ノートに毎日の買い物をしたレシートを食費や光熱費、住居費、等々別にただ単にはって行く簡単なもので、一週間ごとに集計をとり、月末になるとまた集計するという簡単な物ですが、子供が小さい間はこれで家計簿としていました。

 

子そだての忙しい間でもきちんとなるべく簡単に記録が取れるよう自分なりに工夫して見やすく出来ていたので選びました。

 

レシートのない物が多い日は手書きでいくらか書かないといけなかったので、あまり見やすい物ではありませんでした。また、ノートに貼るので数が多くかさばるので保管するのが大変でした。いついつの分はどうなっているか見る時探すのが大変でした。以上が悪い点です。良い点はある程度ずぼらにしても一応の概算か分かったので、嫌になる事もなく数年間続けられた事です。かさばるけれども、その時の節約の頑張りが、温かい印象で残せた事です。